新しく刺激的な出会いがある民泊仲介サイトでホストになろう

SITEMAP

バーカウンターがある家

新しい宿泊形態である民泊について

キッチン

昔から日本国内で旅行に行くとなると、その宿泊先として思い浮かぶ主なものとしてホテル・旅館・ペンション・民宿などが挙げられると思います。しかし、ここ最近テレビなどで耳にすることが多くなってきた宿泊の形態として「民泊」というものが挙げられます。
民泊とは、簡単に言ってしまうと、一般の自宅を仲介業者に登録して宿泊先として旅行者に提供することです。民宿は、旅館業法上の「簡易宿所営業」に該当し、旅館業を営む上で必要な設備を設置し、都道府県知事から許可を受けなければなりません。それに対して民泊は、まだ新しいサービスのためか、法律が確立されていないのが現状です。しかし消火器・火災報知器・誘導灯・避難用の縄梯子などの消火設備を始めとして多くの設備が必要で気軽に民泊を始められるわけではありません。
この民宿と民泊の違いであるグレーゾーンを明確にするため、また民泊をした際にどのような不都合が生じるかなどを検討するためなのか、東京都の大田区と大阪府で2016年から国家戦略特区として旅行業法の適用を除外して民泊の営業を許可しているようです。こういった動きもあって、仲介業者は少しずつですが増えて来ています。
しかしながら、6泊7日以上の長期滞在を条件化するというような、旅行者にとって非常に高いハードルを設けており、まだまだ日本の民泊サービスや、仲介サービスが浸透していくには時間がかかりそうです。

民泊ビジネスに入るための障壁と対策

民泊仲介のサイトでホストになることを考えているのであれば、アクセスのある外国人、つまりゲストになることを考えている人たちとのやりとりは欠かせません。英語でのやりとりになることで、具体的な情報をゲストから求められていくことになるでしょう。日本の習慣や行動そのものに無知な外国人は多いですし、英語が通じないかもしれないという不安を持っているために、その部分への対応も必要になります。
英語ができないので、ホストになることはできないと思ってしまう日本人も多いようですが、最近ではそうしたやりとりも仲介する業者がいます。鍵の受け渡しや掃除、そしてその他のやりとりまですべてを仲介してくれたりするので、忙しい人や英語が苦手などの理由で、物件そのものを持っていたり、空き部屋を持っていてもそれを有効活用できていないのであれば、業者に任せるという方法もあります。費用はかかりますが、それでもそうした費用は、ゲストになる旅行者が宿泊をしてくれることで問題なく、うまく活用することができるでしょう。
いろいろなことを考えるとかなりのビジネスチャンスになる可能性を秘めているのが民泊ビジネスですので、そのための方法はいろいろあるし、それをサポートする業者を見つけることができるでしょう。

新しい刺激的な出会いの民泊ホスト

本来人間というのは、新しい人と出会うというのは大好きであり、わくわくする楽しい体験になるし、自分そのものを成長させることにもなりますが、同じ環境で同じ生活を続けていると、新しい出会いがほとんどないということに気がつくのではないでしょうか。なんとなく生活そのものがマンネリ化していて、単調になっているので、なにか新しいことをしてみたいという気持ちになることがあるに違いありません。
そんなときに、持家があり、空いている部屋があるのであれば、それを誰かに貸し出すというホストになり、お客を迎えることで新しい出会いを求めていくことができるかもしれません。そのお客も日本人ではなく外国人ということであればこれほど刺激的な出会いはないでしょう。それを可能にするのが民泊仲介ビジネスというものであり、その専用の仲介サイトに登録をすれば空き部屋を紹介して、世界中にその仲介サイトにアクセスした人たちからのアプローチを体験していくことになります。アメリカやヨーロッパそして近隣のアジアの国から民泊を考えている人たちが、自分の物件を見てアクセスしてくることになるでしょう。
上手く成立するといよいよホストとして外国人をおもてなしする機会に恵まれることになり、その出会いはとても刺激的なものとなるでしょう。


おしゃれな照明を部屋におくだけでお部屋の雰囲気はガラッと変わります。そんな照明は照明通販をしている「エンジョイホーム」をチェックしてみてください。さまざまなタイプの照明が揃っていますよ。

PICK UP

TOP